仮想通貨

ブロックチェーンが改ざんできないと言われている理由とは?

投稿日:

ブロックチェーン

仮想通貨がニュースで取り上げられるようになってきたと同時に、ハッキングや流出の話題も増えてきました。
「仮想通貨が何なのかよくわからずに買ってしまったけど大丈夫なの?」と不安に思う人もいるでしょう。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術で管理されているため、改ざんすることはできません。
ですので勝手に書き換えられて資産を失うと言うことがなく、個人個人の管理方法さえしっかりしていれば大丈夫です。

しかしブロックチェーンをよく知らない人には、「書き換えられて奪われるかも」と心配する人もいると思います。

そもそもなぜ仮想通貨のブロックチェーンは改ざんできないと言われているのでしょうか?
ブロックチェーンが改ざんできない理由を知るためには、そもそもブロックチェーンが何なのかを知る必要があります。

今回はブロックチェーンに焦点を絞って紹介します。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれる単位で記録を保存し、チェーンのように繋げることでデータを保管するデータベースです。

例えばビットコインは、10分ごとに1ブロック生成されます。
10分間に行われた取引をブロックに収めることで、その取引が承認されるのです。

わかりにくい人は、取引記録が記載された紙をダンボールに収める様子を想像してください。
チェックが終わった取引記録をダンボールに収めていきます。

この一連の過程がマイニングと呼ばれており、マイナーによってブロックが生成されます。
マイニングに成功すると報酬として仮想通貨がもらえるので、世界中の人がマイニングを行っていますね。

ではブロックチェーンを改ざんしたらどうなるのでしょうか?
「所詮はデータなのだから、100万円の取引があったことにして自分の口座に振り込ませれば大金が手に入る」と考える人もいるはずです。

しかしブロックチェーンは改ざんできないと言われています。
一体何を根拠にブロックチェーンは改ざんできないと言われているのでしょうか?

ブロックチェーンが改ざんできない理由

ブロックチェーンが改ざんできないと言われる理由
「ブロックチェーンは改ざんできない」と言われていますが、なぜ改ざんできないのでしょうか?
ブロックチェーンが改ざんできないと言われている理由は2つあります。

前のブロックの情報を引き継いでいる

ブロックチェーンは、1つ前のブロックの情報を引き継いで作られています。
ですので取引を改ざんして仮想通貨を手に入れるには、全てのブロックを改ざんしなければなりません。

全てのブロックを改ざんしないことには、改ざんしたブロックが正しいものとして認識されないのです。

誕生してから時間が経っているブロックチェーンほど長くなりますので、時間が経つほど改ざんは困難になりますね。
もちろん改ざんを行っている間にも新しいブロックは生成されますから、実質的に不可能と言えるでしょう。

高い計算能力を持続しなければならない

「全てのブロックを改ざんしなくても新しいブロックを改ざんして繋げていけば良いのでは?」と考える人もいるでしょう。

その場合は、【正しいブロック】と【改ざんされたブロック】に枝分かれしてブロックが繋げられていきます。
改ざんされたブロックを伸ばしていくのは実行犯のみ、当然その他の人は正しいブロックを伸ばしていきます。

ブロックチェーンが枝分かれしたときはある程度差が付いたら、短い方のブロックは無かったものとして処理されてしまいます。
ですのでブロックを生産し続けるために高い計算能力が必要となるのです。

現在は企業やグループ単位でマイニングが行われていますので、それ以上の計算能力を持つ機材となると個人では到底太刀打ちできません。
新しく生成されるブロックの改ざんも不可能であるとわかりますね。

ブロックチェーンを改ざんしてもメリットは無い

ブロックチェーンを改ざんしてもメリットがない
実のところ、ブロックチェーンを改ざんしても何もメリットはありません。
少し考えてみて下さい。

ブロックチェーンが改ざんできるとなれば仮想通貨の価値自体が無くなってしまいます。
改ざんできないからこそ信頼されて価値があるわけで、改ざんできるなら無価値になってしまいます。

改ざんするためには生半可な機材では不可能ですし、設備を整えるにしても多額の出資が必要です。
多額の出費をしてまで改ざんして、仮想通貨を無価値にする…本当に意味のないことですよね(笑)

労力のわりに利益が手に入るどころか損失が出る可能性の方が圧倒的に高いのです。

またそれだけの設備を揃えられるのであれば、普通にマイニングを行った方が稼げます。
ですのでブロックチェーンを改ざんすることは困難、できたとしても一切メリットは無いため改ざんされる心配は無いと思って良いでしょう。

ブロックチェーンは改ざんできない技術として、様々なシーンで導入が始まっています。
ブロックに重要文書を記録して改ざんされないようにすることもできますし、どのように活用されていくのか今後が楽しみですね。

-仮想通貨
-

Copyright© 副業覆面調査隊 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.