仮想通貨

コールドウォレットとは?仮想通貨はコールドウォレットで安全に管理しよう!

投稿日:

ハッキングや不正ログインで仮想通貨を失う事件が目立つようになってきましたね。
一体どうすればハッキングや不正ログインのリスクを回避できるのでしょうか?

資産を守るにはコールドウォレットでの管理がオススメです。

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは
コールドウォレットとは、オフラインで仮想通貨を管理するウォレットのことです。
反対に、オンラインで管理するウォレットをホットウォレットと言います。

コールドウォレットは必要なときのみにオンラインに接続しますので、外部からの攻撃に強いのが特徴です。

最近は取引所がハッキングされ、資産を失ってしまう事件が目立つようになりました。
ですので安全に仮想通貨を管理する方法を、各自が考えて用意しなければなりません。

コールドウォレットは仮想通貨の管理方法の中でもセキュリティ性が高いと言われているウォレットです。

コールドウォレットを使うメリット

コールドウォレットのメリット
数あるウォレットの中でコールドウォレットを使うメリットとは何なのでしょうか?
コールドウォレットのメリットをまとめます。

ハッキングに強い

コールドウォレットはオフライン環境で使用します。
ですのでハッキングなどの外部攻撃に強いのが特徴です。

ネットに繋がっていないならハッキングも何も攻撃しようがないですからね。

取引所でもハッキング対策としてホットウォレットで管理するのは一部、大半はコールドウォレットで管理すると言う方法が取られています。

取引所に預けているとアドレスやパスの流出のリスクがありますので、自分でコールドウォレットに移動して管理することをオススメします。

長期保有しやすい

コールドウォレットは必要に応じてオンラインに接続して使用します。
当然ずっとオンラインであるホットウォレットに比べると手間がかかります。

手間がかかると言うことは、価格が変動しても「面倒だから」と言う理由で諦めやすくなります。

ですので長期保有に向いていると言えるでしょう。

コールドウォレットを使うデメリット

コールドウォレットのデメリット
コールドウォレットにはメリットもあれば当然デメリットもあります。
コールドウォレットにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

送金に手間がかかる

コールドウォレットはオフラインで管理するウォレットですので、送金のためにはオンラインにする必要があります。

手間と言ってもPCに接続したりQRコードを読み込むだけだったり、10分も時間がかかるようなものではないので安心して下さい。

すぐに送金できる状態であるホットウォレットよりは時間がかかると言う程度のものです。

紛失や破損のリスクがある

オフラインで管理するウォレットと言うことは、当然現物があります。
それは紙であったりUSBであったり様々です。

ですので紛失したり破損するリスクが伴います。
しかしリカバリーフレーズを使えば復元することができます。

バックアップを用意する方法もありますし、「無くしてしまったら終わり」と言うわけではありません。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットの種類
コールドウォレットには種類があります。
それぞれ強みが違いますので、自分にあったコールドウォレットを選びましょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはデバイスの中で秘密鍵を管理するウォレットです。
秘密鍵が流出するリスクがありませんので、セキュリティ性が高いのが特徴です。

リカバリーフレーズを利用すれば破損したり紛失しても復元できます。
ただしリカバリーフレーズは最初の1回しか表示されませんので、間違えていると二度と復元できません。

ハードウェアウォレットを使用可能な状態にしたら、必ず一度初期化してリカバリーフレーズを確認しましょう。
ハードウェアウォレットはTREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャーナノ)が有名です。

ハードウェアウォレットは1万円ほどで販売されています。
故障したときに生産終了していると困りますので、折を見て予備を購入しておきたいですね。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは名前の通り、紙のウォレットです。
QRコードを読み込まない限り動かすことはできませんし、コールドウォレットの中でもバツグンのセキュリティの高さをほこります。

もちろん紙ですので劣化して読み込めなくなる可能性がありますので、ときどき新しいものに変える必要があります。

紙を印刷するコストだけしかかかりませんので、お財布にも優しいです。
他の管理方法が見つかるまでの繋ぎとしても有効でしょう。

ローカルウォレット

パソコンのローカル上で管理するウォレットです。
ローカルウォレットにはブロックチェーンを全てダウンロードするタイプと、ブロックチェーンをダウンロードしなくても使えるタイプの2種類があります。

ダウンロードしなくても使えるタイプのローカルウォレットは、コールドウォレットとして利用することを前提とした機能が備わっている物があります。
例えばMyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、オフライン状態で秘密鍵を生成、送金もオフラインで行えます。

秘密鍵などのファイルはパソコンで保管する必要がありますが、USBに移動させて保管すればハードウェアウォレットと同じような使い方ができます。

パスワード付きUSBを複数用意してバックアップを作っておけば万全ですね。

まとめ

最近はハッキング被害も目立つようになりましたので、自分で安全に仮想通貨を保管する方法を考えなければなりません。

コールドウォレットには様々な種類があり、コスト0で利用できる物もあります。
コスト0と言うことは今すぐにでも実施できると言うことです。

少しの手間で自分の資産を守れますので、まだオンラインで仮想通貨を管理している人はコールドウォレットを導入しましょう。

-仮想通貨
-

Copyright© 副業覆面調査隊 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.