仮想通貨

AirDrop(エアドロップ)とは?仮想通貨を無料で手に入れる!

投稿日:

AirDrop(エアドロップ)とは
仮想通貨を無料で手に入れる方法があるって知っていますか?
わざわざ大金を出して仮想通貨を購入しなくても、無料でお金を手に入れることができるんです。

その方法とは【AirDrop(エアドロップ)】です。
上手くいけば数十万を手に入れることも可能です。

今回はAirDrop(エアドロップ)に焦点を絞って紹介します。

AirDrop(エアドロップ)とは?

AirDrop(エアドロップ)とは、開発した仮想通貨を無料で配ることです。
誕生したばかりの仮想通貨は認知度が低く、流動性が低いです。

流動性が低ければ価値は高まりませんし、その仮想通貨を利用したサービスの展開も難しくなります。

ですので無料で配布して市場の流動性を高めてしまおうと言う方法がAirDrop(エアドロップ)です。

無料で配布していることが「空からお金が降ってくる」ことに似ていることが名前の由来だそうです。

「無料で配布することは開発者にとって損ではないのか?」と思う人もいるでしょうが問題ありません。
そもそも誕生したばかりの仮想通貨はどれだけ持っていても、ほとんど価値がありません。

だったら配って流動性を上げて価値を高めてしまったほうが得ですよね?
価値が高まれば開発資金も増えますし、メリットが多いのです。

無料で手に入れた仮想通貨が高騰する可能性がありますので、AirDrop(エアドロップ)参加者は沢山います。

AirDrop(エアドロップ)の流れ

AirDrop(エアドロップ)の流れ
AirDrop(エアドロップ)の参加方法はそれぞれ異なります。
大まかな流れは下記のとおりです。

  1. AirDrop(エアドロップ)を探す
  2. ウォレットアドレスを入力
  3. SNSと連携
  4. ウォレットに入金される

特定の仮想通貨をウォレットに入れておくだけで参加できるものもあれば、SNSとの連携が必要な場合もあります。

AirDrop(エアドロップ)に必要な物

AirDrop(エアドロップ)の参加方法は色々なパターンがありますが、必要になるものは大体決まっています。

  • ウォレット
  • メールアドレス
  • テレグラム
  • Twitterアカウント
  • 指定の仮想通貨

ウォレットは受け取りと、指定の仮想通貨を所有しているのか確認に必要です。
基本的にAirDrop(エアドロップ)に参加するときは、普段使っているウォレットやメールアドレス以外の物を使用しましょう。

と言いますのも、AirDrop(エアドロップ)で詐欺が流行っているからです。

AirDrop(エアドロップ)詐欺が流行っている

AirDrop(エアドロップ)詐欺
AirDrop(エアドロップ)で詐欺が流行っているので注意が必要です。
一番多いのは、ウォレットアドレス入力時に秘密鍵の入力を求められるパターンです。

残高の確認は秘密鍵が無くてもできますので、秘密鍵が求められるパターンは100%詐欺です。

サイトが英語になっていると、翻訳しながら何となくで進めてしまいがちです。

他人事だと思わずに、自分で気をつけて詐欺に合わないようにしましょう。

AirDrop(エアドロップ)詐欺に合わないためには?

AirDrop(エアドロップ)詐欺に合わないために注意すること
AirDrop(エアドロップ)で詐欺に合わないためにはどうすれば良いのでしょうか?
詐欺に合わないためのポイントを紹介します。

URLを確認

AirDrop(エアドロップ)のサイトのURLをしっかりと確認しましょう。
URLの末尾が【com】ではなく【co】になっているパターンもあります。

正直なところ、AirDrop(エアドロップ)目的で訪れたサイトURLなんてどれが正しいのかわからない人がほとんどだと思います。

ですので確認を行うことが大切です。
TwitterなどでAirDrop(エアドロップ)のサイトについて検索すれば、詐欺サイトの情報も見つかります。

秘密鍵は不要

AirDrop(エアドロップ)に秘密鍵は不要です。
秘密鍵を求められるのは100%詐欺ですので気をつけてください。

秘密鍵を渡してしまうと残高確認どころか送金まで出来てしまいます。
流れでうっかり入力しそうになるかもしれませんが、絶対に入力しないでください。

ウォレットをセキュリティソフトでスキャン

受け取りにはウォレットが必要になります。
取引所のウォレットNGのパターンが大半ですので、受け取り用にウォレットを用意しなければなりません。

公式のウォレットを使用する人も、必ずセキュリティソフトでウイルススキャンをしましょう。
本当に公式のウォレットであるとは限りませんし、公式サイトに似たページを作ってウイルスを仕込んだウォレットをアップロードしている可能性もゼロではありません。

スキャンする程度の手間で資産が守れるなら安いものです。

アドレスやパスワードを使い回さない

アドレスやパスワードを使いまわしている人は気をつけてください。
例えば取引所の登録に使用したアドレスをAirDrop(エアドロップ)にも使用したとします。

あとはパスワードが手に入れば引出しができるわけです。
同じパスワードでAirDrop(エアドロップ)に参加して資産を奪われたなんて目も当てられないですよね。

絶対にアドレスやパスワードは使い回さないようにしましょう。
せめてAirDrop(エアドロップ)用に分けて用意することをオススメします。

広告メールが送られるようになるのはザラにあることですので、分けていなければ重要なメールを見落としやすくなります。

まとめ

AirDrop(エアドロップ)は無料で仮想通貨を手に入れるチャンスですが、詐欺に合うかもしれないと言うリスクがあります。
ただし詐欺を見分けられるのであれば無料でお金を手に入れるチャンスでもあります。

参加前にきちんと調べて注意しながら進めればリスクは大きく下げられますので、面倒臭がらずに必ず調べましょう。

「よくわからないけど無料で貰える!ラッキー!」と進めるのが一番危険です。

-仮想通貨
-,

Copyright© 副業覆面調査隊 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.